ヘルペスの怖い話

ヘルペスの薬にも副作用があります

ヘルペスは一度感染してしまうと、完全に治療するということはできません。

しかし、服用薬を使うことでヘルペスウイルスが増殖してしまうことや、ウイルスによって炎症が起きてしまうのを防ぐことができます。

しかし、どのような薬であっても、多かれ少なかれ副作用というものがありますが、ヘルペスの服用薬の副作用にはどのようなものがあるでしょうか?

もちろんこれは薬の種類によって異なっていますので、ヘルペス治療薬の中で主流になっている薬について説明します。

バラシクロビル塩酸塩
この薬はヘルペスウイルスが増えないように抑制するための薬になっています。

この薬の副作用として注意喚起されているのは、下痢や嘔吐感、発疹、めまい、頭痛といったものが報告されています。 しかし、ヘルペス治療薬の中では比較的副作用の少ない薬になっています。

ゾビラックス
ヘルペスウイルスによって水ぶくれや疱疹を治療するために使う薬になっています。

副作用としては、やはり下痢やめまい、頭痛などが報告されていますが、こちらの薬もとても副作用の少ない薬になっていますので、安心して使うことができます。

しかし、腎臓に疾患のある人については使用の際には注意が必要になっていますので、キチンと医師と相談して使用することが必要です。

メニュー

Copyright (C) ヘルペスの怖い話. All Rights Reserved.
素人 ライブチャット