ヘルペスの怖い話

簡単に入手できるので逆に注意すべき市販薬

日本でヘルペスに悩んでいる方は非常にたくさんいらっしゃいます。

その中には時間がなくて病院に行くことができず、ヘルペスをそのままにしている方もいらっしゃいます。

風邪の場合でも、なかなか病院に行くことができない人が頼るのは市販の風邪薬になります。

ヘルペスにも市販薬がありますが、やはり薬になりますので、注意をする必要があります。

例えば、SATOからもヘルペスの治療薬が販売されていますし、海外のヘルペスの治療薬というものもあります。

薬の種類が増えてきていますので、服用する前にきちんと使用上の注意をよく読んでください。

ココにとても大切な注意点を挙げていきますので、参考にしてみてください。
○妊娠をしている人は、安易に市販のヘルペス治療薬を使うことがないようにする必要がある。

どんな市販薬でも同じですが、妊婦の体は特別になりますので、ヘルペスの薬に関しても必ず医師に確認してから治療薬を使ってください。

○症状の範囲が比較的広い場合には使用しない
症状の範囲が広くなると、治療薬の量(外用薬)が増えてしまいますので、体への影響もふえるため使用には注意が必要です。

○期間が長くならないようにする
基本的にはヘルペスの症状は10日ほどで治まってきますので、これを超える期間の使用は市販の薬で改善する可能性が低いので休みを取って病院に行ってください。

メニュー

Copyright (C) ヘルペスの怖い話. All Rights Reserved.
素人 ライブチャット