ヘルペスの怖い話

ヘルペスの潜伏期間には差があります

ウイルスというのは、感染してからすぐに発症するわけではありません。

例えば、有名なウイルスの中にはノロウイルス、HIVウイルス、インフルエンザウイルスといったものがあります。

この中のウイルスの1つノロウイルスにも潜伏期間もあり、すぐに発症するわけではありません。

ノロウイルスの潜伏期間は大体1日~2日と言われていますので、この期間は発病することはありません。

しかし、この潜伏期間にも他の人にはうつるので、他の人との接触には注意をする必要があります。

HIVウイルスにももちろん潜伏期間というものがあります。以前には、この潜伏期間は8年ほどと言われていましたが、ウイルスに感染している人の中には5年ほどで発症している人もいます。

いずれにしても数年の発症までの期間があるというわけです。これはヘルペスウイルスも同じです。

ヘルペスの場合には、2日~10日ほどの潜伏期間がありますが、その潜伏期間の間も人に感染するリスクがありますので、やはり感染には注意をする必要があります。

しかし、この潜伏期間は性器ヘルペスの場合で、口唇ヘルペスの場合には潜伏期間はもう少し短くなります。人によっては、潜伏期間は3日~7日まで短くなります。

メニュー

Copyright (C) ヘルペスの怖い話. All Rights Reserved.
素人 ライブチャット